健康情報

私はがん家系?

 米人気俳優アンジェリーナ・ジョリーさんが乳がん予防のため両乳房の切除手術を受けたことで、「がん家系」の遺伝子検査に注目が集まっています。近親者にがん患者がいる人は、不安に思われていることでしょう。
 がん家系の可能性があるのは、(1) 40歳以下での発症 (2) 男性乳がん (3) 原発性乳がんが二つ発生 (4) 卵巣がん-などが複数の近親者に発症した場合です。平均寿命が延び、今や2人に1人ががんになる時代。50歳以上での発がん例や家系に1人だけ発症した、という場合は心配しすぎないことです。
 広島県では、広島大学病院遺伝子診療部で乳がんや大腸がんなどについて、がん家系の可能性が高いかどうか相談できます。予約が必要で、保険は使えません。

(広島県医師会 桧山桂子) 2013年06月21日(金)


戻る