健康情報

子宮頸がんは予防できます!

 子宮頸(けい)がんは年々減っていますが、若い女性ではむしろ増加傾向にあります。世代別では、20、30代の発症が特に目立ちます。
 子宮頸がんの発症には、ヒトパピローマウイルスが大きく関係しています。性的接触で感染し、その一部が長い時間をかけて、がんに進行すると考えられています。
 子宮頸がんは予防できます。あなたやあなたの家族が大切な子宮や命を失わないよう、専用のワクチンで感染を防ぎ、検診を受けて早期発見しましょう。

(広島県医師会 豊田紳敬) 2013年04月26日(金)


戻る