健康情報

小麦依存性運動誘発アナフィラキシー(WDEIA)

 小麦アレルギーがある人の一部は、小麦製品を食べた後に運動するとじんましんや呼吸困難を起こすことがあります。これをWDEIAと言います。
 2004年に発売された「茶のしずく石鹸(せっけん)」は、使用者の一部にWDEIAの発症がみられました。原因は、商品に含まれていた加水分解小麦。皮膚から吸収されてできた抗体が食品の小麦と反応し、ショック症状を引き起こしました。集団訴訟に発展し、WDEIAが広く認知されました。
 それほど多い疾患ではありませんが、学校給食でうどんを食べた後、午後の体育の授業中に発症することも想定されます。症状が重い場合は救急車を手配してください。

(広島県医師会 生田隆穂) 2013年04月05日(金)


戻る