禁煙コーナー

禁煙に関する様々な情報やコラムをご紹介しています。


禁煙指導アトラス(2003年発行)

禁煙指導アトラス(2003年発行)

「健康日本21」、「健康増進法」の発効、特に健康増進法の第25条、即ち病院、公立機関や不特定多数の人が利用する施設の管理者は、それを利用する人々に受動喫煙害を与えることのないよう、禁煙、完全分煙が義務づけられた関係で、禁煙希望者が増加してきており、禁煙指導を担当する医療関係者の役割も益々重要視されるようになりました。諸先生方には生活習慣病をはじめとし、禁煙を指示しなければならない患者をしばしば診ておられると思いますが、本書は先生、患者共にたばこ害、禁煙に関する知識を容易に理解していただくために、禁煙推進委員会が中心となり企画し、真田幸三広島県医師会長の快諾を得たものです。平成14年度当初立案されましたが、県医師会員より広く執筆者を募ることとなったため、12月締切りに向けて執筆者の選択依頼と大いに苦労しました。執筆者には短期間での作業で迷惑をかけましたが、予算配分が平成15年度となったため、原稿チェック、編集班会議も遅れ、更に校正、ゲラ刷り、体裁の一様化など平成15年12月にずれ込んでしまいました。執筆者の方々にはこの経緯を報告して、発行の遅れたことを謝る次第です。又、禁煙推進委員会の一員であった川堀耕平先生には表紙イラストを早くから依頼しており、禁煙指導アトラスにふさわしいものを描いていただきました。編集班員には禁煙推進委員会以外に、広島県歯科医師会より石井みどり先生(前常務理事)、広島大学大学院公衆衛生学研究室教授烏帽子田彰先生に入っていただき、色々と協力していただきました。本アトラスは県医師会員の方々に診察机の上に置いていただき、患者様に見せながら禁煙指導に役立てていただきたいと念願し編纂したものであり、その目的に沿って患者様も手にとって読み易く理解し易いよう活字の大きさ、文体、イラスト、写真などに配慮しましたが、経費などの関係でアトラスとして恥ずかしくない写真、図表を多く挿入することができませんでした。又、決して学術的論文を網羅したものではありませんが、参考文献は絞って記載してもらい、各項余白の生じた所は、編者の判断で適当にポスター、表などを挿入させていただきました。本書の末尾には白紙を挿入しており、これは補填、追加用としました。

最後に原稿の募集、整理など担当してもらった県医師会事務局地域医療課長佐々木喜代氏、同課山田直樹氏の協力に対し深謝の意を捧げると共に、印刷協力をしていただいたレタープレス社にも謝意を表したいと思います。尚 Tobacco は「たばこ」とひらがな文字に統一させていただきました。

広島県医師会禁煙推進委員会委員長

編集班々長    岩 森   茂

(「監修・編集のことば」より)

目次

※記事タイトルのリンクをクリックするとPDFが開きます。

禁煙指導アトラス(全ページ)  
表紙  
はじめに  
監修・編集のことば  
1 世界の禁煙規則と法律 烏帽子田  彰
2 各国のたばこ有害表示 岩 森   茂
3 日本における禁煙・分煙・防煙の歩み 烏帽子田  彰
4 21世紀におけるわが国のたばこ対策 岩 森   茂
5 世界のたばこ価格・たばこ税 岩 森   茂
6 喫煙による経済損失 岩 森   茂
7 わが国における喫煙率の推移  
1.一般喫煙率 粟屋智一・烏帽子田彰
2.わが国の医療従事者における喫煙率 川 根 博 司
3.医学系学生と喫煙率 西 亀 正 之
4.看護学校生の喫煙状況 立 山 義 朗
8 広島県における医療従事者の喫煙率調査 岩 森   茂
1.広島県医師会員の喫煙率  
1)広島県医師会員喫煙率(2002年)  
2)広島県歯科医師会員喫煙率(2002年)  
3)広島県看護協会調査(2002年)  
9 日本とアメリカの喫煙率の推移 児 玉 和 紀
10 たばこ害一般(その1) 増 田 和 彦
1.たばこ煙の分析  
2.たばこ主要成分の毒性  
3.主流煙・副流煙の毒性比較  
11 たばこ害一般(その2) 増 田 和 彦
1.喫煙によって影響を受ける主な薬物  
1)CYP1A2誘導  
2)その他  
2.喫煙と経口避妊薬  
3.間接喫煙者  
12 たばこ害一般(その3) 宮 田   明
1.喫煙の血球検査値に与える影響  
白血球数  
ヘモグロビン・赤血球数・赤血球指数  
血小板  
2.喫煙と造血器疾患  
白血病  
悪性リンパ腫  
骨髄腫  
骨髄異形成症候群  
13 喫煙と生命短縮 松 村   誠
14 環境たばこ煙の毒性 津 谷 隆 史
15 たばこの発癌性 谷 山 清 己
発癌物質  
発癌機序  
受動喫煙  
発癌の性差、個人差  
16 喫煙と免疫能低下 山 口 佳 之
17 喫煙とダイオキシンの相関性 岩 森   茂
18 たばこ病一覧 松 村   誠
19 喫煙と呼吸器疾患  
1.肺がん 江 川 博 彌
2.気管支喘息 有 田 健 一
3.喫煙と自然気胸 土 井 正 男
4.急性好酸球性肺炎 中 島 正 光
5.喫煙と慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫) 倉 岡 敏 彦
20 喫煙と循環器疾患  
1.喫煙と高血圧 山 本 秀 也
2.虚血性心疾患 松 村   誠
3.喫煙と大動脈疾患 渡   正 伸
4.閉塞性動脈硬化症・バージャー病 石 原   浩
21 喫煙と消化器疾患  
1.胃・十二指腸潰瘍 田中信治・茶山一彰
2.炎症性腸疾患 田中信治・茶山一彰
1)潰瘍性大腸炎  
2)クローン病  
3.喫煙と消化器がん 平 井 敏 弘
1)食道がん・胃がん・大腸がん  
22 喫煙と皮膚疾患 行 徳 英 一
1.掌蹠膿疱症  
2.尋常性乾癬  
23 喫煙と整形外科疾患 安永裕司・石田 治・越智光夫
1.創傷治癒  
2.骨折治癒  
3.腰痛  
4.術後感染  
5.ペルテス病  
6.喫煙と骨粗鬆症 藤 川 裕 子
24 喫煙と糖尿病 大久保 雅 通
25 喫煙と眼科疾患 野間英孝・塚本秀利
1.白内障  
2.加齢性黄斑変性  
3.糖尿病網膜症  
4.緑内障  
26 喫煙と耳鼻科疾患 平 田   思
1.アレルギー性鼻炎  
2.滲出性中耳炎  
3.ポリープ様声帯  
4.喉頭癌  
27 喫煙と産婦人科疾患  
1.喫煙と子宮頸癌 大 濱 紘 三
2.喫煙と不妊 大 濱 紘 三
3.喫煙と妊娠異常 大 濱 紘 三
4.妊婦喫煙の胎児への影響 小 林 正 夫
28 喫煙と神経系疾患 原 田 俊 英
1.喫煙と痴呆・パーキンソン病  
29 喫煙と泌尿器疾患  
1.腎がん・膀胱がん 池 田   洋
2.喫煙と勃起障害 中本貴久・碓井 亞
30 喫煙と乳幼児疾患 上 田 一 博
Sudden Infant Death Sydrome(乳(幼)児突然死症候群)  
31 喫煙と全身麻酔・局所麻酔への影響  
1.麻酔と喫煙 河 本 昌 志
2.麻酔と喫煙(心臓血管障害の危険性) 森 脇 克 行
32 喫煙と歯科疾患  
1.歯周病 石井みどり・河端邦夫・宮城昌治
2.歯及び歯肉の着色 石井みどり・河端邦夫・宮城昌治
3.口腔がん 石井みどり・河端邦夫・宮城昌治
4.受動喫煙の影響 石 井 みどり
5.その他、喫煙が関係する口腔病変  
33 未成年者喫煙の害 田 中 義 人
1.たばこに含まれる有害物質  
2.喫煙による急性障害  
3.常習的喫煙による慢性障害  
34 受動喫煙の害 津 谷 隆 史
35 学校医と喫煙防止教育  
1.一般論 桑 原 正 彦
2.現場教育のすすめ方 徳 毛 健 治
学校敷地内全面禁煙の流れ  
36 医師と防煙・分煙・禁煙のかかわり  
1.展開論 松 村   誠
2.受動喫煙と分煙対策 宮 田   明
37 禁煙支援プログラム  
1.診察室における禁煙支援のポイント 黒 瀬 康 平
2.歯科領域における禁煙支援プログラム 石 井 みどり
3.職場における禁煙支援プログラム 平 賀 裕 之
4.インターネットを利用した禁煙法 川 根 博 司
38 具体的な禁煙サポートのあり方 津 谷 隆 史
1.たばこを止める意志のある患者への支援(禁煙ステージ:準備期)(指導医師用)  
2.吸いたい気持ちのコントロール方法  
3.再喫煙を予防するための短時間支援の要点(指導医師用)  
39 禁煙補助ツール 原 田 修 江
●ニコチンガム(ニコレット®  
●ニコチンパッチ(ニコチネルTTS®  
40 禁煙成功のコツ 川 根 博 司
41 喫煙と体重(ヘビースモーカーに肥満者が多い!!) 岩 森   茂
42 広島県禁煙支援ネットワーク紹介 立 山 義 朗
43 日本禁煙推進医師・歯科医師連盟紹介 岩 森   茂
44 禁煙運動に関する情報交換 立 山 義 朗
45 禁煙指導従事者教育のあり方 岩 森   茂
46 広島県医師会禁煙指導クリニックの紹介 新 田 康 郎
47 健康増進法 林 田 賢 史
48 補遺(本アトラスに取り上げられなかった喫煙と関連するあるいは喫煙によって増悪を示す病態) 岩 森   茂
執筆者名簿  
あとがき