禁煙コーナー

禁煙に関するコラム

東京都包括受動喫煙防止法案の制定を速やかに実現すること(その24)(最終章6の1(むすびと提言))

広島市立安佐市民病院
名誉院長 岩森 茂

 この項からは表題のごとく、東京都包括受動喫煙防止法案の提示である。
① 成熟都市を宣言するには小池都知事は所管官公庁すべての職員に勤務中禁煙を遵守させるべきである。
 厳しい注文であることは十分承知しているが、今まで学術会議をはじめ、禁煙医師団、日本医師会、さらには各医学会のすべてが願って陳情をしてきた総意である。私をはじめ医師集団は総意として喫煙は慎むべしと強く要望してきた。たばこ害は今更いうまでもなく、がん、動脈硬化、糖尿病などの三大死因をはじめとして、名をあげる必要もなく100病以上の病因となる。日本人の平均寿命が世界に誇るというけれど、その総人口の減少、少子化傾向は日本の大いに恥ずべき傾向であることは、識者の大いに悩む現実である。
 私は表題の小論を過去23編草してきたが、これは広島県医師会速報禁煙コーナーへの投稿規約を守ってきたゆえんである。時には文字数の制約をオーバーしたこともあったが、大略は守ってきたことになる。その目的は東京五輪を「日出る国日本」としては、恥をかかない競技大会にしてもらいたいと願っているからである。
 わが広島県は医師会、歯科医師会、薬剤師会、看護協会、環境保健協会、広島禁煙協議会などで結成されている広島禁煙支援ネットワークが東京五輪を世界に誇るべきスモークフリー・オリンピックとして開催してもらいたく、速やかにその範を示してもらいたいために、3年前より「smoke free」のバッジを作り、広島の地から声高に smoke free Tokyo Olympic を応援してきている。WHOとIOCが東京オリンピックに smoke free の競技とするよう義務付けているが、これは今に始まったことでもなく、すでにロンドン、アテネ、ソチ、北京、リオなどでも実施されているところである。特にロシアのプーチン大統領は一回の命令でソチ五輪無煙環境を作り上げた。日本もあと3年ちょっととなっている。小池都知事殿は就任早々厳しい問題に取り組んでおられるが、その一方ではお膝下を確固たるものとして欲しく、一連の都庁舎、特別23区の庁舎の勤務中職員全面禁煙を速やかに実施されるよう決定してほしいのである。東京都は名高い自民党寄りの都議連があり、しかも彼らの多くはJTのタスクフォース(私はこれを特殊機動隊と呼ぶことにしている)と一脈を通じていると思っている。たばこ税収を上げることに精出して、JTの分煙にもろ手を挙げて賛成している議員が少なくない。
② 東京都は「分煙」という言葉は使うべきではない。JTが後押ししている厚生労働省は飲食店、居酒屋などに分煙と称して喫煙室を作ることを積極的に奨励し、国費7億円の予算を組んでいるが、これは分煙の美名にかくれた予算である。断言してはばからないが、分煙という言葉は日本人が作った造語であるが、残念ながらJTがこれを美化してTV宣伝にも繁用されている。たばこを吸わない人々(約8割)、吸う人々(約2割)が分煙して美しい環境を仲良く作ることができるのであろうか?
③ 喫煙室は庁舎内では煙が漏れる。さらにその維持費をどのように考えるのか?
④ 東京都特別23区の禁煙への取り組み...これは換言すれば受動喫煙防止ということになる。
 2014年3月大和浩教授らの調査(図表後掲)では豊島区、北区、足立区、荒川区、葛飾区の5区が敷地内禁煙となっているが、全般に政令市、特区の受動喫煙防止の気運は遅れている。しかし、検討中が5区もあったので、現時点ではわが仲間スモークフリーキャラバン隊の訪問もあり、増えていくことを期待する。他の多くは室内喫煙室を残しており、屋外の喫煙箇所をようしている区もあるが、勤務時間内禁煙は港区、足立区、江戸川区のわずか3区であり、歩行者禁煙を早くから条例化した千代田区がいまだにその後の進歩がないことが残念だ。議会棟では敷地内禁煙は職場に一致して禁煙とした荒川区、足立区、豊島区の3議会棟で、さらに目黒区がこれに加わった。議員フロアについては旧態依然となっている。
 以上は最後まで残しておいた特に議員棟の動向であるが、JTの魔手がどのくらい伸びているか推察したかったが、これは不成功に終わった。図表が入り字数がオーバーしたので、以下は次号につなぐ(図表は大和浩先生らの努力によるが、いつもながら先進的な取り組みに敬意を表する)。

東京23特別区の一般庁舎・議会における禁煙実施状況(2014/3/11時点)

 23特別区:一般庁舎勤務中の
喫煙禁止
公用車議会棟・フロア
禁煙
実施
状況
喫煙場所
(屋内)
喫煙場所
(屋外)
タバコ
産業から
灰皿/
喫煙場所
の提供
禁煙
実施
状況
喫煙場所
(屋内)

千代田区

喫煙場所を残す

喫煙室4

なし

 

規定なし

一般公用車は禁煙

喫煙場所を残す

喫煙室

中央区

未検討

喫煙室3
喫煙コーナー1

なし

 

規定なし

すべて禁煙

喫煙場所を残す

喫煙コーナー
喫煙室

港区

喫煙場所を残す

喫煙室1

なし

 

勤務時間中禁煙 2013.4.

すべて禁煙

喫煙場所を残す

喫煙コーナー

新宿区

喫煙場所を残す

喫煙室1

出入口近傍喫煙コーナー1 屋上1

 

自粛の呼びかけ 1994.

規定なし

喫煙場所を残す

喫煙室

文京区

喫煙場所を残す

喫煙室6

出入口近傍喫煙コーナー1

 

規定なし

すべて禁煙

喫煙場所を残す

喫煙室

台東区

未検討

喫煙室4

敷地内公園に喫煙コーナー1 2016.1.

灰皿

規定なし

すべて禁煙

喫煙場所を残す

喫煙室

墨田区

検討中

喫煙室1

隣接しない喫煙コーナー2

 

規定なし

すべて禁煙

検討中

喫煙室 議員・会派控室

江東区

未検討

喫煙室3
(うち来庁者専用1)

テラス・ベランダ3

灰皿

規定なし

すべて禁煙

喫煙場所を残す

喫煙室 議員・会派控室

品川区

喫煙場所を残す

喫煙室8
(うち来庁者専用2)

なし

 

規定なし

すべて禁煙

未検討

喫煙室

目黒区

敷地内禁煙化予定(2016.4)

喫煙室12

なし

 

自粛の呼びかけ

規定なし

建物内禁煙 2016.4.

大田区

喫煙場所を残す

喫煙コーナー9

隣接しない喫煙コーナー1

 

規定なし

一般公用車は禁煙

未検討

喫煙室

世田谷区

検討中

喫煙室1

なし

 

自粛の呼びかけ 2011.10.

すべて禁煙

未検討

喫煙室

渋谷区

喫煙場所を残す

喫煙コーナー4

出入口近傍喫煙コーナー1
テラス・ベランダ4

 

規定なし

一般公用車は禁煙

未検討

議員・会派控室

中野区

喫煙場所を残す

喫煙室3
(うち来庁者専用1)

なし

 

規定なし

規定なし

未検討

議員・会派控室

杉並区

喫煙場所を残す

喫煙室2

なし

 

自粛の呼びかけ

すべて禁煙

喫煙場所を残す

喫煙室

豊島区

喫煙場所を残す

喫煙室1

なし

 

規定なし

すべて禁煙

喫煙場所を残す

喫煙室

北区

建物内禁煙 2004.6.

出入口近傍喫煙コーナー2 屋上1

 

規定なし

すべて禁煙

未検討

議員・会派控室(ベランダ)

荒川区

建物内禁煙 2012.3.

出入口近傍喫煙コーナー1

 

自粛の呼びかけ

すべて禁煙

建物内禁煙2012.3.

板橋区

建物内禁煙化予定 2015.1

テラス・ベランダ1

灰皿

自粛の呼びかけ

一般公用車は禁煙

検討中

喫煙室

練馬区

未検討

喫煙室6

なし

 

規定なし

一般公用車は禁煙

喫煙場所を残す

喫煙室

足立区

建物内禁煙 2011.4.

隣接しない喫煙コーナー1

灰皿

勤務時間中禁煙 2011.4.

すべて禁煙

建物内禁煙 2011.4.

葛飾区

建物内禁煙 2010.1.

出入口近傍喫煙コーナー1 屋上3

 

規定なし

一般公用車は禁煙

未検討

議員・会派控室

江戸川区

喫煙場所を残す

喫煙室3

なし

 

規定なし

一般公用車は禁煙

喫煙場所を残す

議員・会派控室

(産業医科大学 産業生態科学研究所 健康開発科学研究室 大和浩教授ら作成資料からの引用)

戻る