禁煙コーナー

禁煙に関するコラム

タバコの矛盾あれこれ

広島西医療センター 研究検査科 立山 義朗

 日常診療その他でタバコに関する疑問点や矛盾点について喫煙者とやりとりすることが多々あるかと思います。それらのいくつかについて少し考えを述べてみたいと思います。

1)タバコは嗜好品である!
 医師の中にもタバコを嗜好品と誤解している人を少なからず見かけます。嗜好品とは個人の好きな飲食物で、コーヒーがよく例にあがりますが、コーヒーを飲めない時にイライラしたり、怒りっぽくなったりするでしょうか?これはいわゆる禁断症状(離脱症状)であり、タバコは麻薬同様、依存性薬物だから起こる症状です。

2)禁煙するとストレスがたまる!
 ニコチン依存状態が恒常的に成立している患者さんが、禁煙を始めて間もないころ、ニコチンの血中濃度が下がるために、イライラし、正常の精神活動がなされないということが一時的に起こります。これをストレスと言うならばその解消のためには再喫煙するか禁煙するかのどちらかしかありませんが、禁煙を選択すればこのストレスからは永遠に解放されることを喫煙者に理解してもらいましょう。

3)タバコを吸っても長生きする人だっているし、逆にタバコを吸わない人でも早死にする人だっている!
 すべての病気がタバコが原因というわけではありませんが、タバコがリスクとなる病気は直接生命に影響を及ぼす病気を中心にたくさん指摘されています。車が走っている交差点で信号を無視して、無理矢理横断しようとした時、運がよければ車が止まり、車にはねられないこともあるでしょうが、非常に危険な行為です。事故に遭う確率が高いのに、あえてそれを試みるのは無謀と言わざるを得ません。

4)タバコが危険ならなぜ売っている!
 タバコは有害化学物質がたくさん含まれている毒の缶詰であり、本来は当然規制や禁止されるべきものであるはずですが、たばこ事業法でタバコの生産、販売の促進が保護されている現状が規制が進まない障害の一つになっています。たばこ事業法を廃止し、健康問題からタバコの規制や禁止がされるべきです。

5)タバコはマナーの問題である!
 JTはタバコはマナーの問題であるとの立場をとっています。隣の人にタバコを吸ってもいいですか?と断りを入れさえすれば吸ってもいいと考えるのは、あなたを刺し殺してもいいですか?と断りを入れさえすれば殺してもいいということと同じと考えます。

6)未成年喫煙ゼロについて
 未成年者喫煙禁止法により未成年は吸ってはいけないことになっており、未成年喫煙をゼロにするという目標を掲げることは間違っているとは思いません。ところが、これを強調しすぎると成人になったら吸ってもいいという誤ったメッセージと受け取られるのではないかと危惧します。タバコは未成年、成人にかかわらず吸ってはいけない危険な製品であると未成年の時期からの啓発が重要です。

7)タバコのカタカナ表記について
 タバコはたばこ、煙草などとも表記されますが、tobacco から日本語になった外来語であり、健康被害や火事の主たる原因となる危険物であるという意味でもカタカナ表記が理にかなっていると思います。ちなみにJTはたばこと表記しています。

8)JTのCSR(企業の社会的責任)について
 JTは吸殻拾いなどのゴミの収集、医薬事業、食品事業、環境問題への取り組みなど数多くのCSRを果たし、社会貢献をしているかのように見えます。しかし、JTの本当の意味でのCSRはタバコ事業をやめることに尽きるのではないでしょうか?JTが社会貢献をすればするほど偽善的に思えて仕方ありません。


戻る