禁煙コーナー

禁煙に関するコラム

愛すべきフグと財務省からの独立とJT新社長

禁煙推進委員会
広島市立安佐市民病院
循環器内科 土手 慶五

 今年6月にJT新社長に小泉光臣副社長が就任。55歳と私より1歳上で、財務省出身者ではないそうで、この人事でJTは会長、社長とも財務省からオサラバして完全民営化となり、喜ばしいことであるそうだ。今までは、国が50%のJT株を保有していたが、それも減らしていって、民営化の厳しい道を歩むことになり、大企業の舵取りを任せられた大役であろう。国立病院が民営化して、JHpの苦難独立の道をめざしていることを考えると、先輩としておおいに学ぶべきところがあるように思い、いろいろと検討してみた。
 日本の税収40兆円のうち、たばこ2兆円、酒1兆5千億円、消費税1%が2兆円。JTの海外たばこ事業の割合は45.9%と国内の31.6%を上回る。JTが納める法人税と保険料の合計は勉強不足で不明。現在一箱410円で6割が税金(ちなみに、イギリスは一箱1,000円で7割税金)。税と社会保障の一体改革を真摯に考える医師会として、法人税と保険料について、一定の現実的な理念が示される必要はある。
 続いて4/26 WSJ日本版、英語の勉強をかねて、暇つぶしに読んでいただければ。かっこ訳は私が辞書を使ったところ。タイトルは「Up in Smoke(煙と消えるか)? Japan Tobacco's HQ(本社 Head Quarters) a Rare Oasis for Country's Puffers」(日本のフグ達(たばこをはくときにフグのようになるから、吸入薬ワンパフのパフ)
 Smoking is increasingly going out of fashion in Japan, with many places now declared off-limits for lighting up, and a population of smokers that has declined annually for the last 16 years. But one place is still a bastion(とりで) of the good old days, when the country was a paradise for puffers ―the head office of Japan Tobacco Inc., where visitors are greeted by a row of ashtrays in the lobby. For a recent interview with the incoming president of Japan's largest tobacco company, Wall Street Journal reporters were ushered into a room(部屋に案内された)with four ashtrays placed between six deep armchairs. "Do you mind if I smoke?" Mitsuomi Koizumi, currently JT's deputy(副) president and expected to take the top job in late June, asked about 90 seconds into the interview(インタビューが始まって90秒後に). By the time the 30-minute session was over, Mr. Koizumi had puffed his way through three Seven Stars(30分で3本のセブンスターを吸った). Mr. Koizumi says he has smoked 40-50 cigarettes a day since he was twenty years old, but such smokers in Japan are becoming increasingly rare. Unsurprisingly, JT - the world's third-largest tobacco company by sales volume after Philip Morris International Inc. and British American Tobacco PLC(世界3位) - is increasingly looking outside Japan, especially at emerging markets, for future growth. Mr. Koizumi says the company is ready to "go anywhere" where there are business opportunities(意気込みは、製造業は皆一緒か?). In Japan at least, those kind of opportunities look to be going up in smoke(国内では儲けるチャンスは煙と消える).
 心筋梗塞は、どうしても二重の意味でフグの方々です。弁護するわけではありませんが、おおむねフグの方々は、責任感が強く、仕事も早いが食べるのも早く、結果としてメタボで、フグをやめたら、お腹がフグになる愛すべき人たちです。人生観をどう変えればフグを卒業できるのか?私の外来では、「勉強しないと立派な大人になれませんよ!」的自己責任追求型批難口調は封印している。JTの社長が、「若いころは無理もしましたが、最近は落ち着いてフグもやめました。マイルドセブンで鍛えた香りのノウハウで新商品オアシス香が大ヒット、たばこを売る必要もなくなりました。保険料、法人税ともに納入額日本一の企業になりました。ご迷惑をおかけしました」とコメントする日を、「お疲れ様でした」と、ねぎらえるような社会であってほしい。

戻る