IPPNW世界大会

第22回IPPNW世界大会
ヨーク宣言: 核廃絶への重要な節目

医師、医学生、その他の医療従事者、そして関心の高い市民は、ここヨーク大学で開催の「"Health Through Peace 2017" Medact:第22回IPPNW世界大会」*に集まり、世界から核兵器を廃絶するための国際キャンペーンが、今や重要な節目を迎えたことを慶賀している。

7月7日の国連総会で、122か国の賛成をもって採択された新たな「核兵器禁止条約」は、核兵器の究極的廃絶へ向けての大きな一歩である。核兵器がもたらす健康・環境・人道上の影響を理由に、核兵器は史上初めて明確に非難され、違法であると宣言された。同時に核兵器保有国および依存国は、強力で新しい国際規範の中で誤った側に立つものと位置づけられた。

核兵器禁止条約を生み出した「人道イニシアティブ」プロセスは、核軍縮の議論を核兵器保有国および依存国の安全保障戦略上の利益の問題から切り離し、だれが核兵器を保持しているかに関係なく、核兵器が医療・環境・人間にもたらす壊滅的結末に焦点を当てようと決意した国家・国際組織・市民社会のかつてない連携によって推進されたものであった。

IPPNWは、最近10年間のプロセスの中で誇るべき役割を果たしてきた。始まりは2007年の「核兵器廃絶国際キャンペーン」(International Campaign to Abolish Nuclear Weapons/ICAN)立ち上げだった。わずか2、3年のうちにICANは100ヵ国、400以上の団体による国際的運動にまで発展し、その中でIPPNWは医学面での最も重要なパートナーとして、「核兵器禁止条約」の政治的論拠の土台となる環境および健康への影響に関する詳細な科学的エビデンスを提供してきた。われわれは歴史上重要な3回の「核兵器の人道的影響に関する会議」、それに続く核兵器禁止条約交渉会議への道筋をつける国連会議、そして交渉会議の場でもエビデンスの発表を行った。

これはIPPNW単独で行ったわけではなく、単独で行うこともできなかった。ICANのパートナーたちが条約を支持するための極めて有効な国際ロビー活動をしたことに加えて、赤十字国際委員会(ICRC)、国際赤十字・赤新月運動、そして世界医師会・国際看護師協会・世界公衆衛生協会連盟を含む主要な保健医療連盟もわれわれの活動に参加した。この禁止条約が確実に国際人道法の原則に根差したものになるように、ICRCが力を貸してくれたことにわれわれは大変感謝している。世界医師会・国際看護師協会・世界公衆衛生協会連盟はIPPNWと連携して、核兵器と核戦争が健康および環境にもたらす影響についてのエビデンス、およびその影響に対して有効な対応を取ることは不可能であることを調査報告書に纏めた。これは交渉会議で公式文書となり、核兵器に悪の汚名を着せ、その禁止と廃絶が急務であるということに、国際保健医療コミュニティ全体としての重みと威信を加えることができた。

「核兵器禁止条約」が今日存在するのは、核軍縮のために新たなリーダーシップを発揮しようと決意した国家・国際組織・市民団体の戦略的協力関係の賜物である。今回の「Medact"Health Through Peace"フォーラム:IPPNW世界大会」共同開催のような運動構築は、各組織の協力関係を育む鍵であり、これから力を注ぐべきは、9月20日に国連で署名が始まった後、条約をできるだけ早期に発効させることである。

条約発効のためには50ヵ国の批准が必要であり、この批准を迅速に進めることがわれわれの運動の直近の目標である。条約発効という強力で新しい合法的・道徳的・政治的手段を手にすれば、核兵器保有国および依存国への圧力を強めることができる。そして核兵器保有国・依存国に条約を順守させ、全ての核兵器・その運搬システム・関連インフラを、完全かつ後戻りできないように排除することが可能になる。その時初めて核戦争を防止する唯一の確実な方法である核兵器廃絶という目標が達成されるであろう。

しかし「核兵器禁止条約」を手に入れても、なお、われわれは手ごわい課題に直面している。核兵器保有国および依存国は交渉会議への参加をボイコットし、条約加盟およびその規定の順守を行わない意向を明らかにしており、可能な限り長期に亘って核兵器を保持する意向である。核兵器を保有する9ヵ国は、計15,000発の核兵器を保有し続けており、毎年合わせて1,000億ドル以上を新型でより高精度な兵器に投資している。核兵器が使用されるリスクは毎日のように高まっている。大規模な軍事演習と新たな核実験で悪化した米国・北朝鮮間の緊張の増大、南アジアと中東を不安定な状況に陥れている核兵器の存在、米国およびNATO加盟国とロシアの間の緊張の高まりは、冷戦終結後のいずれの時代よりもわれわれを核戦争に近づけている。このような紛争のいずれが激化しても、ヒロシマ、ナガサキ以来初となる都市とその住民に対する核兵器使用につながる可能性がある。一線を越えてしまえば、核の冬により人類が絶滅する可能性も除外できない。

われわれが経験から知っているように、非道な兵器に悪の汚名を着せ、禁止することがその廃絶への効果的な第一のステップである。1990年代以降、IPPNWは対人地雷およびクラスター弾を禁止し、小型軽量武器の違法売買に強い規制をかける運動に取り組み、武器を使用した暴力による殺戮を減少させたという点で良い影響を及ぼしてきた。よって、われわれはこの9月下旬にロンドンで通常兵器の見本市「防衛・安全保障機器の国際見本市」(Defence and Security Equipment International/DSEI)が開催されることを憂い、これが武器貿易条約の条文と精神に反するものであることを非難する。一方では、今やわれわれの手によって最も破壊力が強く、忌まわしい兵器を違法であると断言する条約を地雷禁止条約、クラスター弾に関する条約、武器貿易条約の列に加えたのである。

われわれには、さらに多くの行わなければならないことがある。核戦争が全人類を危機にさらす一方で、あらゆる形の武器による暴力が毎年無数の命を奪い、世界中の人々に健康、福祉、安全を提供するわれわれの努力を台無しにしている。このヨーク大会において、われわれは全人類の平和と健康が実現し、核兵器が永遠に廃絶される世界へ向けた継続的な取り組みを誓う。

註*:今回の会議はMedact(IPPNWイギリス支部に相当)とIPPNWの共催という形をとって行われた。

 

原 文

York Congress statement: A milestone for nuclear abolition

As doctors, medical students, other health professionals, and other concerned citizens gathered at York University for the international conference Health Through Peace 2017 and IPPNW's 22nd World Congress, we celebrate a milestone in the global campaign to rid the world of nuclear weapons.

The new Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons, adopted on July 7 by 122 UN Member States, is a major step toward the ultimate elimination of nuclear weapons. For the first time, nuclear weapons have been explicitly condemned and declared illegal because of their medical, environmental, and humanitarian consequences, placing those who continue to possess and rely upon them on the wrong side of a powerful new international norm.

The "Humanitarian Initiative" process that produced the Treaty was driven by an unprecedented coalition of states, international organizations, and civil society groups determined to shift the debate about nuclear disarmament away from the strategic security interests of the nuclear-armed and nuclear-dependent states and to focus instead on the catastrophic medical, environmental, and humanitarian consequences of nuclear weapons themselves, regardless of who possesses them.

IPPNW can be proud of the role we played throughout this decade-long process, starting with the launch of ICAN in 2007. Within only a few years, ICAN blossomed into a global campaign coalition of more than 400 organizations in 100 countries, with IPPNW, as the lead medical partner, providing detailed scientific evidence about health and environmental consequences on which the political case for the Ban Treaty was based. We presented that evidence at three successive landmark international conferences on the Humanitarian Impact of Nuclear Weapons, at subsequent UN meetings that laid the foundation for treaty negotiations, and at the negotiations themselves.

We did not--and could not--do this alone. In addition to our ICAN partners who coordinated an extraordinarily effective global lobbying campaign in support of the Treaty, we were joined in this effort by the International Committee of the Red Cross, the International Red Cross and Red Crescent Movement, and other leading health federations, including the World Medical Association, the International Council of Nurses, and the World Federation of Public Health Associations. We are enormously grateful to our colleagues at ICRC for helping to ensure that the Treaty would be fully grounded in the principles of International Humanitarian Law. By collaborating with IPPNW on a working paper summarizing the evidence about the health and environmental consequences of nuclear weapons and nuclear war, and the impossibility of any meaningful response--a document that became an official working paper of the negotiating conference--the WMA, the ICN, and the WFPHA added the weight and prestige of the entire international health community to the stigmatization of nuclear weapons and the urgent imperative for their prohibition and elimination.

The Ban Treaty exists today because of strategic partnerships among states, international organizations, and civil society groups determined to assert a new kind of leadership for nuclear disarmament. The medical movement building emphasized at this joint Medact "Health Through Peace" Forum and IPPNW World Congress is key to nurturing these partnerships, which must now focus on bringing the Treaty into force as soon as possible after it opens for signature at the UN on September 20.

Ratification by 50 states is needed for entry into force, and obtaining these ratifications promptly is our immediate campaign goal. With this powerful new legal, moral, and political tool in hand, we can increase the pressure on the nuclear-armed and nuclear-dependent states and bring them into compliance with the Treaty through the complete and irreversible elimination of all nuclear weapons, delivery systems, and infrastructure. Only then will we achieve our goal of abolishing nuclear weapons as the only sure way to prevent nuclear war.

Even with the Ban Treaty in hand, we face daunting challenges. The nuclear-armed and nuclear-dependent states, who boycotted the negotiations and have declared their unwillingness to join the Treaty or to respect its provisions, are determined to hold on to nuclear weapons for as long as possible. All nine nuclear-armed States, which continue to possess 15,000 nuclear weapons among them--are together investing more than $100 billion dollars every year in new and more accurate arsenals. The risk that nuclear weapons will be used is increasing almost daily. The increasing tensions between the US and DPRK (North Korea), exacerbated recently by large-scale military exercises and a new nuclear test, the destabilizing presence of nuclear weapons in South Asia and the Middle East, and heightening tensions between the US and its NATO allies and Russia have brought us closer to nuclear war than at any time since the end of the Cold War. The escalation of any of these conflicts could lead to the use of nuclear weapons against cities and their populations for the first time since Hiroshima and Nagasaki. Should we cross that threshold, human extinction in a nuclear winter cannot be ruled out.

We know from experience that stigmatizing and prohibiting unconscionable weapons is an effective first step toward their elimination. From the 1990s onward, IPPNW's participation in the campaigns to ban antipersonnel landmines and cluster munitions, and to place strong restrictions on trafficking in small arms and light weapons has had a positive impact in saving lives and reducing the carnage from armed violence. We therefore regret that the world's leading conventional arms trade fair, Defence and Security Equipment International (DSEI), is going ahead in London later this month, and condemn this event as a violation of the letter and the spirit of the Arms Trade Treaty. Nevertheless, to the Mine Ban Treaty, the Cluster Munitions Convention, and the ATT, we have now added a Treaty that explicitly declares the world's most destructive and abhorrent weapons illegal.

There is much more we need to do. While nuclear war puts all of humanity at risk, armed violence in any form destroys countless lives every year, and undermines our efforts to provide for the health, well being, and security of people throughout the world. At this York Congress, we pledge our continuing commitment to a world where peace and health are achieved for all, and nuclear weapons have been abolished for all time.

 


IPPNW会員募集 事務局:広島県医師会内
732-0057 
広島市東区二葉の里三丁目2番3号
広島県医師会内
082-568-1511