IPPNW世界大会

第18回IPPNW世界大会声明
核戦争防止国際医師会議(IPPNW)
2008年3月9日、インド・デリー

デリー宣言

「第18回IPPNW世界大会」でインドに参集した我々は、核兵器のない世界を実現できるという希望をこれほど強く持ったことがない。核兵器保有国においてさえも、人類が21世紀に生き残るには、核兵器廃絶は望ましく、現実的で、絶対に必要なことであると、政治的な枠を超えてオープンな議論が行われている。核兵器保有に既得権益がある人々は核兵器廃絶の交渉に激しく抵抗するが、このような抵抗は次第に古くさく、非合理的で、偽善的なものになりつつある。
IPPNWは、ヘルシンキにおける「第17回IPPNW世界大会」後に、「核兵器廃絶のための国際キャンペーン(ICAN)」を開始した。このキャンペーンの焦点は、国際法のもとに核兵器廃絶を達成・施行するための「核兵器禁止条約」である。とりわけ米国のリーダーシップが必須であるが、これ以上の遅延なく「核兵器禁止条約」に関する交渉を直ちに開始することを核兵器保有国に要請する。米国の大統領候補者は核兵器の地球規模の廃棄を最優先事項にすると誓約すべきだ。
インドは核兵器のない世界を実現する上で重要な役割を担っている。1998年、インドは核実験を実施し、自らを核兵器保有国と宣言したことを我々は残念に思う。この直後にパキスタンも核実験を行った。核戦争が起これば、南アジア全域が廃墟と化し、数千万の人々が殺され、数十年にわたりインド亜大陸の大部分が住めなくなってしまう。この危険は今も続いている。最近の研究調査によると、インドとパキスタンの地域的な核戦争でも、地球の気候に深刻な影響を及ぼし、農業生産の崩壊と地球規模での飢饉が起こる可能性があることが分かった。
核時代においてインドは核兵器の先制不使用、不使用及び臨戦態勢解除のポリシーをとり、核分裂物質の生産禁止を求め、核兵器の全面的廃絶のための時間的枠組みを設けた交渉を支持してきた。ラジブ・ガンジー前首相の非核兵器世界のための「1988年アクションプラン」は、今日、我々が求めている「核兵器禁止条約」と共鳴する。1995年にインドは国際司法裁判所で、核兵器の所有・生産・使用はいかなる状況においても国際法の下に違法であると述べた。―その後核兵器を取得したこととは矛盾するが、道徳的にしっかりとした見解であった。最近の国連総会においてインドは大多数の国々とともに核兵器廃絶決議に賛成票を投じている。この決議が実施されれば核兵器のない世界により近づくことになる。今後インドには、核兵器廃絶が達成されるまでグローバルなリーダーシップをとることを求める。
核兵器なき世界を実現するには米国の政治的リーダーシップが必要不可欠であると同様に、インドの道徳的かつ政治的リーダーシップも必要不可欠である。世界に台頭する経済大国の一つとして、数十年の武力紛争で損なわれてはいるが非暴力の伝統を深く受け継ぎ、より一層平和で平等かつ持続可能な社会秩序を作り出そうとするインドの奮闘は世界にとっての奮闘でもある。我々の大きなチャレンジの一つ一つ、地球温暖化・貧困・資源枯渇・人口増加・経済発展・人権・食料安全保障・万人の健康保証はインドにとっても重要な問題であり、問題解決にはインドの全面的な参加が求められる。
戦争の苦しみを終わらせることが最も重要なチャレンジである。世界から核兵器をなくし、あらゆる戦争形態の中で最悪な核戦争を防止することは、医師としてまた責任ある人間としての我々の喫緊の目標であり最優先事項である。我々はガンジーの国で目標達成に向けて努力することをここに再び誓う。

(原文:英語、翻訳:広島県医師会事務局)

原 文

International Physicians for the Prevention of Nuclear War
18th World Congress
Delhi, India

DELHI DECLARATION
March 9, 2008

As we convene in Delhi for the 18th World Congress of International Physicians for the Prevention of Nuclear War, we have never been more hopeful that a world without nuclear weapons is within reach. Across the political spectrum, even within the nuclear weapon states themselves, nuclear abolition is being openly discussed as desirable, practical, and absolutely necessary if humanity is to survive the 21st century. While we know that those with a vested interest in keeping nuclear weapons will continue to mount intense resistance to negotiating their elimination, such resistance is increasingly outdated, irrational, and hypocritical.

 

IPPNW launched the International Campaign to Abolish Nuclear Weapons - ICAN - following our 17th World Congress in Helsinki. The focal point of the campaign - a Nuclear Weapons Convention - is the means by which abolition will be achieved and enforced under international law. We urge the nuclear weapon states, particularly the United States, whose leadership is essential, to commence negotiations on a Nuclear Weapons Convention without further delay. The candidates for US President should pledge now that they will make the global elimination of nuclear weapons a top priority of their administration.

 

India has a pivotal role in achieving a world without nuclear weapons. We regret India's decision in 1998 to test nuclear weapons and to declare itself a nuclear weapon state - actions immediately duplicated by Pakistan. A nuclear war that would devastate all of South Asia, killing tens of millions of people and leaving much of the subcontinent unihabitable for decades, is now a constant danger. Moreover, new research suggests that a regional nuclear war using the arsenals currently available to India and Pakistan would have profound impacts on the Earth's climate, which could lead to the collapse of agricultural production and famine on a global scale.

 

Over the course of the nuclear age, India has championed no first-use, non-use, and de-alerting policies; it has called for the prohibition of fissile materials production and has long supported timebound negotiations for the universal elimination of nuclear weapons. Former Prime Minister Rajiv Gandhi's 1988 Action Plan for a nuclear-weapons-free world resonates with today's call for a Nuclear Weapons Convention. In 1995, India told the International Court of Justice that possession, production, or use of nuclear weapons was illegal, under any circumstances, under international law - a bold and principled position irreconcilable with its subsequent acquisition of nuclear weapons. During the most recent session of the UN General Assembly, India voted with a majority of nations in favor of disarmament resolutions that, if implemented, would move us closer to a world without nuclear weapons. We urge India to assert its global leadership for nuclear disarmament from now until that goal is achieved.

 

If the political leadership of the United States is indispensable to the achievement of a nuclear-weapons-free world, India's moral and political leadership will be no less indispensable. As one of the world's emerging economic powers, with a rich tradition of non-violence marred by decades of armed conflict, India's struggle to forge a more peaceful, equitable, and sustainable social order is the world's struggle. Every one of our greatest challenges - global warming, poverty, resource depletion, population growth, economic development, human rights, food security, ensuring health for all - touches India and requires India's full participation in its solution.

 

Ending the scourge of war is one of the most important of those challenges. Preventing the worst of all conceivable forms of war - nuclear war - by ridding the world of nuclear weapons remains our most urgent goal and our highest priority as doctors and as responsible human beings. We recommit ourselves to that goal in the nation of Gandhi.

IPPNW会員募集 事務局:広島県医師会内
732-0057 
広島市東区二葉の里三丁目2番3号
広島県医師会内
082-568-1511