IPPNW世界大会

 IPPNWは、これまで米国(1981年)、イギリス(1982年)、オランダ(1983年)、フィンランド(1984年)、ハンガリー(1985年)、西ドイツ(1986年)、ソ連(1987年)、カナダ(1988年)、日本(1989年)、スウェーデン(1991年)、メキシコ(1993年)、米国(1996年)、オーストラリア(1998年)、フランス(2000年)、米国・ワシントンDC(2002年)、中国・北京(2004年)、フィンランド・ヘルシンキ(2006年)、インド・ニューデリー(2008年)、スイス・バーゼル(2010年)、日本・広島(2012年)、カザフスタン・アスタナ(2014年)、イギリス・ヨーク(2017年)において世界大会を開催してきた。1989年広島で開催された第9回世界大会には、78か国から3,000人を越える医師が参加した。IPPNW世界大会は常に世界の報道機関の注目を集め、独自の科学的研究を生み、各国支部間の協力関係を促進してきており、会議資料は各国政府や医学界の指導者に広く配布された。


IPPNW会員募集 事務局:広島県医師会内
732-0057 
広島市東区二葉の里三丁目2番3号
広島県医師会内
082-568-1511