重要情報

特定秘密保護法案についての声明

平成25年12月5日

社団法人広島県医師会

会長 平松 恵一

常任理事 一 同

現在、国会で審議中の"特定秘密保護法案"は、その不透明さから、国民の知る権利を侵害し、拡大解釈などによって国民の生活や日常活動、ひいては患者のプライバシーを損ねるなどの医療への不当な介入を生じる可能性が否定できません。

広島県医師会常任理事会は広く社会に対して次のように訴えます。

「特定秘密保護法案の拙速な成立に反対する」

 

社団法人広島県医師会

〒733-8540 広島県広島市西区観音本町1-1-1

TEL:082-232-7211/FAX:082-293-3363



戻る